新産業革命研究部会 | 日本ナレッジ・マネジメント学会

新産業革命研究部会

部会名 新産業革命(AI、オープン、多様性等)研究部会
部会長名 田原 祐子(本学会理事、株式会社ベーシック 代表取締役)
代表世話人名 町井 美也子(本学会幹事、株式会社グロースエンジン)
顧問

山崎 秀夫(本学会副理事長)

一條 和生(本学会専務理事、一橋大学大学院教授)

部会創設目的・説明・紹介 現在、Industry 4.0、Society5.0等、我々を取り巻く環境が大きく変化しています。AI、RPA、IoT等の導入やさまざまな技術革新によって、必要とされる労働や教育の在り方自体が大きく変わろうとしており、その中で、今後、我々人間が担うべきナレッジ・マネジメントのあり方や価値等を追究していくことが、必要となってきます。これからの時代に必要とされるのは、業界等すべての境界線を取り払ったオープンイノベーションの発想であり、新しいモノやコトの組みあわせによって、これまでにない新機軸を創造することである。積極的に外に向かい、新たな組み合わせ[ナレッジマネジメント+New]で新しい価値を創り出すために、部会自体を〝新価値創造の場〟〝共創の場〟〝知識創造の場〟として、新規会員を含む学会内外の皆様が集う場として貢献したいと思います。
当研究部会は、一つのテーマに絞らず、AI、RPA、IoTを含め、「ナレッジマネジメント&新たな分野・テーマ(新しいもの~これまでは組み合わせとしてなかったもの、古典的・普遍的など様々なもの)」という組み合わせで、毎回テーマを取り上げ、新たなナレッジマネジメントの可能性を問い発信していきます。上記により、新たなコラボレーションを創造し、産官学と当学会とのネットワークを広げ、新機軸をも見いだすことを目指しています。
皆様、ぜひふるってご参加くださいますよう、お願いします。
部会参加形式 オープン
開催サイクル 年4回
部会形式 部会員・ゲスト講演者による発表および参加者による質疑討論等
発表資料の公開の可否 一部公開可
発表者に独自の資料を交えて発表をして頂き、機密データの保護をするため、Webサイトでのデジタル資料等は非公開とします。
これまでの研究部会の活動URL等 第1回*講演&インタラクティブセッションは、平成30年6月26日、〜進化する働き方改革~AI・IoT・RPAと知の創造・共創(ナレッジマネジメント)をテーマに、経済産業省 大臣官房参事官 産業人材政策室長  伊藤禎則氏をお招きして開催した。