東海部会 | 日本ナレッジ・マネジメント学会

東海部会

部会名 東海部会
部会長名 大西幹弘(名城大学経営学部 教授)
代表世話人名 植西浦道明(本学会理事・(株)アタックス代表取締役)
世話人
部会創設目的・説明・紹介

東海部会は2000年4月、「ナレッジ・マネジメント研究会」として発足し、名古屋を中心とする東海地区へのナレッジ・マネジメントの理論や事例の紹介・普及を目的に活動して参りました。
 2004年6月からは企業経営の現場でのナレッジ活用の具体的状況を探り、ナレッジと企業業績との関連の解明を目指す「企業調査プロジェクト」を立ち上げ、現在までに(株)ダイセキ、武蔵精密工業(株)、(株)シイエム・シイ、(株)プロトコーポレーション、トランコム(株)、ホシザキ電機(株)、リンナイ(株)の各社について検討を進めて参りました。

(詳細については東海部会HP http://www.kmsj.org/tokai/ をご覧下さい)

部会参加形式 オープン(学会員以外参加可)
開催サイクル 年間4~6回程度
部会形式 参加者による発表および質疑応答、ゲスト講演者による報告等
発表資料の公開の可否 公開可能な報告は東海部会HP(http://www.kmsj.org/tokai/)に掲載
これまでの研究部会の活動URL等 http://www.kmsj.org/tokai/