メールマガジン | 日本ナレッジ・マネジメント学会
  • HOME
  • メールマガジン

メールマガジン

No.151号 2022年12月12日発行

■■□---------------------------------------
日本ナレッジ・マネジメント学会
メールマガジン 第151号 2022/12/12
---------------------------------------□■■

PDF版はこちら

■■目 次■■

◆第25回年次大会の開催報告(速報版)
◆英文TOPジャーナルの投稿論文ポイント講義へのお誘い
◆リレーエッセイ
◆学会誌第21号への投稿募集締切日の延長案内
◆本学会事務局からのご案内
◆編集後記

======================
◆第25回年次大会の開催報告(速報版)

日本ナレッジ・マネジメント学会 第25回年次大会は、
2022年11月27日(日)にオンラインで開催されました。

大会のテーマに「個人、家族、チーム、組織、コミュニティ、社会、そして地球 〜 知識創造で解くべき課題設定を問い直す~」を掲げ、

午前の基調講演やパネルディスカッションから、多くの知見と示唆が得られました。
午後の研究発表や、クロージングダイアローグも大変活発なものでした。

大会を成功裡に終えられましたことをご報告すると共に、
先ずは皆様に心よりの御礼を申し上げます。

日本ナレッジ・マネジメント学会
会長 一條和生
======================

◆英文TOPジャーナルの投稿論文ポイント講義へのお誘い

英文TOPジャーナルの編集長小田部教授(ハワイ大学教授・早稲田TOP大学教授)が、
直に投稿論文のポイントを教えてくれる夢の企画です。

大学教授でさえ、投稿してもなかなか掲載されないのが英文トップジャーナルです。
その掲載採用決定者が、その掲載されるコツを教えてくれるのです。ハワイ大学から
Zoomでご講義いただけます。

http://www.kmsj.org/wp/wp-content/uploads/2022/11/151_1-2.pdf

推奨のポイントは:
①本講義内容は、日本語論文にも通じる内容で、その観点からも有益です。
②双方向だから、質問も可能です。
③日本語で教えてくれるので、安心。
④KM学会用に、優しく教えてくれるから、心配ありません。

海外アドミチームが満を持しての開催です。無料です。お誘いあわせの上ご参加ください。

1月21日(土)15:00-16:30
お申込みはこちらから:
https://forms.gle/UqwmgPNaz6BgkqNW8

海外アドミチームリーダー/学会理事 佐脇英志

======================
◆リレーエッセイ
標準化とナレッジ・マネジメント

2022年12月

日本ナレッジ・マネジメント学会 理事
ISO等標準化研究部会長 齋藤稔

標準化の対象が、モノからサービス,社会システム,環境などへと大きく拡がって
きている。ISO Surveyによると、ISOの認証数と認証サイト数はいわゆるコロナ禍でも
増加している。一方ナレッジ・マネジメント(以降KM)の範囲は、組織(企業)から
産業や市場へと拡大してきており、更には都市や地域,国家,地球希望への拡大が
期待される。標準化に対するKMの寄与を展望してみたい。

(全文は、次のURLからお読みいただけます)

http://www.kmsj.org/wp/wp-content/uploads/2022/12/151_2.pdf

======================

◆学会誌第21号への投稿募集締切日の延長案内
(『ナレッジ・マネジメント研究』編集委員会)

学会誌第21号の投稿(論文、研究ノート、ケーススタディ)を募集しておりますが、
投稿募集の締め切り日を1月30日まで延長いたします。
原稿のページ数は10頁~14頁とします。特に企業人、研究者の会員各位による
実践事例に関するケーススタディの投稿を歓迎します。
なお、第18号から、事例研究についての投稿は原則としてケーススタディに
分類して頂いております(応募の際に「ケーススタディ」と明記して下さい)。

応募に際しては、本学会誌の投稿規程と執筆要項をご覧ください。
『ナレッジ・マネジメント研究』投稿規程
<http://www.kmsj.org/wp/wp-content/uploads/2019/06/124_4.pdf>
『ナレッジ・マネジメント研究』執筆要項

<http://www.kmsj.org/wp/wp-content/uploads/2019/06/124_3.pdf>
締切: 2023年1月30日(月)必着でメール添付ファイルにて送付してください。
送付先: 日本ナレッジ・マネジメント学会事務局 学会誌編集委員会 宛
〒162‐0041 東京都新宿区早稲田鶴巻町518 司ビル3F
国際ビジネス研究センター 内
E-mail : <kmsj@ibi-japan.co.jp>
投稿送付時のCCおよび問い合わせ先:『ナレッジ・マネジメント研究』
編集委員長 筒井万理子 <mtutui@bus.kindai.ac.jp>

======================

◆本学会事務局からのご案内

当学会の2021年度年会費(2022年3月末まで)のお振込みがお済でない
方は、下記の振込口座に至急お名前・ご所属を明記の上お願いいたします。

学会2021年度の年会費をお振込みされる方は、下記の学会の口座にお支払を
お願い致します。
個人会員年会費の金額は8,000円です。

1.銀行口座:口座人名「日本ナレッジ・マネジメント学会」
ゆうちょ銀行 〇一九(ゼロイチキュウ)店
当座預金 口座番号 0392470
2.郵便振替口座:加入者名「日本ナレッジ・マネジメント学会」
口座記号・口座番号 00190 - 4 - 392470

住所・連絡先メール等で変更のある方は至急事務局にメールでお知らせ下さい。
当学会へのお問い合せ・連絡先:
日本ナレッジ・マネジメント学会事務局リエゾンオフィス
〒162‐0041 東京都新宿区早稲田鶴巻町518 司ビル3F
国際ビジネス研究センター 内
電話:03-5273-0473  E-mail:<kmsj@ibi-japan.co.jp>

当学会への新規入会申込みは、下記の当学会HPの入会案内欄をご覧頂きまして、
入会申込みフォームに記入・押印のうえ、当学会事務局に送付願います。
(個人入会申込みには原則として紹介者が必要ですが、
不在の場合は学会事務局ないし研究部会長にご相談願います。)
<http://www.kmsj.org/intro/page-30>

※ブローシャーはこちら
※<http://www.kmsj.org/wp/wp-content/uploads/2020/08/202008Brochure.pdf>

======================
◆編集後記

師走に入り、皆様におかれましては慌ただしい日々をお過ごしのことと存じます。
皆様のおかげさまで、当学会の四半世紀の節目となる第25回年次大会を
滞りなく開催することができました。

オンライン環境であっても、双方向の活発なコミュニケーションができる。

当日は抜けるような青空の日曜日でした。
貴重なお時間を頂き、参加下さいました皆様に心から感謝し、篤く御礼申し上げます。

この年次大会の様子は、次号メルマガにてレポートをお届けする予定でございます。

さて、次号は第152号は2月中旬の発行予定でございます。
第152号の投稿原稿の締め切りは1月31日(火)とさせていただきます。
投稿を希望される場合は、原稿を作成のうえ、
下記のガイドラインに沿ってメール送付願います。

【送付先】
編集担当(広報チーム)宛て
<publicity@kmsj.org>
※オペレーション改善の観点から、メールでのご送付に加えまして
学会理事・幹事からの原稿依頼については、当学会Slackでの
内部情報共有もお願いしたいと思います。
(外部の皆様からの依頼につきましては、従来どおりメールのみで結構です)

【メルマガ掲載希望原稿の依頼の方法・投稿のガイドライン】
・ご送付頂いた原稿をそのまま使用致します。
(但しレイアウト等を全体の編集で調整する場合があります。)
・「本文」に加えメルマガ目次に使用するための「タイトル」を示し、
参考情報等は、ハイパーリンクを埋め込むか、或いはファイル添付にて送付願いま
す。
・締め切り期日厳守願います。締め切り期限を過ぎた場合は、
編集の都合で掲載出来ませんのでご了承下さい。
・基本的に、締め切り後の原稿修正および発行後の記事訂正には応じかねます。

======================
編集:メルマガ編集担当理事 清水美也子
発行:日本ナレッジ・マネジメント学会広報チーム
配信:日本ナレッジ・マネジメント学会事務局リエゾンオフィス
※このメールは送信専用アドレスから配信しております。